施工型門柱のデザインや仕上げ方法は?【32人に聞いた独自アンケート調査】

【更新日】2024.01.10.

のアンケート

外構の門柱工事ついて、当社クローバーガーデンで以下の独自調査をしました。

  • 【調査期間】2022年8月
  • 【調査方法】クラウドサービスを利用したインターネット調査
  • 【対象者】施工タイプの門柱工事をした人
  • 【対象者の年代】20代・30代・40代・50代・60代・70代
  • 【サンプル数】32

施工型門柱のデザインは?

この調査からまとめたものを改ざんせずに、そのまま公表していきます。

施工タイプの門柱でどんなデザインにするか悩んでる人には、いろんな気づきがあると思うので、参考にどうぞ😊


【調査結果】32人に聞いた施工タイプ門柱のデザイン

デザイン・仕上げ方法工事した人数割合%
塗り壁12人37.5%
レンガ10人31.3%
タイル6人18.8%
化粧ブロック6人18.8%
その他2人0.6%

【1位】 塗り壁 12人(37.5%)

塗り壁はデザインや色が豊富で、オリジナリティーが出しやすい塀仕上げです。

白やグレーで塗れば和風、カラフルな色なら洋風、ピンク系にすればかわいい外構が作れます。またブロックをカットすることで、緩やかなカーブが作れるのも魅力です。

塀を壊さずリフォームするなら、塗り壁は最強の方法!古くて汚れた塀や凸凹の化粧ブロックだって、きれいに生まれ変わります。DIYだと難易度は高めなので、DIYなら塗装がおすすめです。

また、「塗り壁って汚れやすいんじゃなの?」と思っている人いますよね?よく使われる素材ジョリパットは、塗ったあとの表面にトップコートをするので、汚れにくくなりずっときれいです。


【2位】 レンガ 10人(31.3%)

レンガは洋風の雰囲気を持つ塀が、かんたんに作れるのがメリットです。

おすすめはレンガをダブルで積むことで、重厚感のある塀がつくれ、倒れる危険も少なくなります。また、煉瓦塀に合わせるフェンスはやっぱりアルミ鋳物で、ヨーロッパの家並みを連想させるテクニックです。

以前工事したお客さまは「レンガで塀をつくるのを、ずっと夢見てました!」と話してくれ、レンガ塀のためにお金を少しずつ貯金していました。いざ完成するとものすごく喜んでくれ、「いずれ敷地全体を囲ってみたいです!」と新たな夢を語ってくれました。


【3位】 タイル 6人(18.8%)

タイル張りは費用が高額になりますが、汚れにくく高級感があるのが特徴です(掃除もしやすい)。

施工方法は、まず下地に普通ブロックを積み、その上にタイル屋さんがタイルを貼り付けていきます。タイル自体の価格も高く、施工できる職人も少ないので、費用が高額になりがち...

その分、高級感ある塀デザインになるので、お金持ちの家の塀はけっこうタイル張りが多いです(あなたの近所にもありますよね?)。

しかし、タイル張りだけだときっちりし過ぎて、やりすぎ感があります。そこで当社では、塗り壁にモザイクタイルをアクセントに使う塀をよく作り、お客さまからの評判も上々です!


【3位】 化粧ブロック 6人(18.8%)

化粧ブロックはおしゃれな製品がたくさんあり、和風から洋風までどんな塀デザインもつくれます。

建物正面の塀や門柱など目立つ場所でも、化粧ブロックならOK!色によって、どんな外構スタイルに合わせるかが決まります。

  • 【カラフル】洋風
  • 【グレー】和モダン
  • 【ベージュ】なんでも合う

和風の代表格は「大谷石(画像右上)」で、昔のものと違って耐久性があり、ボロボロ壊れないのがメリットです。中に鉄筋も入るので、倒れる心配もまったくありません。

また各メーカーは毎年、デザインに富んだ新製品を開発していて、プロでも把握するのが難しいほどです...値段も安いものから高いものまで、幅広く販売されています。


まとめ

この記事では、「施工タイプ門柱の仕上げ方法は?」を調査アンケートをもとに紹介しました。いかがだったでしょうか?

いちばん多かったのは塗り壁仕上げで、当社が得意とするデザインでうれしかったです。その次にレンガ・タイル・化粧ブロックと続きました。いろんな素材を組み合わせて門柱をデザインすると、あなただけのオリジナル門柱が作れておすすめです。



すぐ下の関連ページで「アンケート調査の一覧」を解説したページリンクを貼っておきます。

興味のある方はぜひご覧になってください😊


このページを読んだ人はこちらもオススメ!


以上、施工型門柱のデザインや仕上げ方法は?【32人に聞いた独自アンケート調査】…という話題でした。

更新:2024年01月10日|公開:2024年01月10日

【現在の位置】ホーム > アンケート調査 > 施工型門柱のデザインは?



※このサイトは【クローバーガーデン埼玉】が運営しており、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり専門店」です👷

⭐この記事のライター⭐

ライター

菅間 勇
2級建築士・2級建築施工管理技士・甲種危険物取扱者

埼玉県生まれ。東京農業大学、大宮建設高等職業訓練校卒。高校からアルバイトで外構と庭の仕事をはじめ、現場経験は20年以上。

≫信頼できる情報発信に向けての取り組み


特集
一括見積もりランキング

おしゃれな施工例


外構工事のお役立ち情報